Natural Teeth

銀歯から自然な白い歯へ

より自然で審美性のよい歯にするためのご提案

虫歯治療などで歯を削る場合、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)によって治療箇所を補います。
当院では、患者さまがご希望に応じて、治療計画や使用する素材についてご提案します。
当ページをもとに、実際にご相談される際の参考になれば幸いです。

こんなことで困っていませんか?

✔保険治療の範囲で白い歯に近づけたい
✔銀歯を使わずに治療をしてほしい
✔治療費をかけて、より綺麗な歯にしたい
✔違和感なく食べ物を噛んだり笑ったりしたい

own expense

自由診療(保険適応外)

  • ジルコニアインレー(クラウン)
    セラミックの一種である二酸化ジルコニウムを使った詰め物/被せ物です。この素材による金属によるアレルギーの心配はなく、高い審美性と安全性・強度性があります。定期健診などによって丁寧なケアを心掛ければ、長く使用可能です。
  • オールセラミックインレー
    (クラウン)
    自然歯に近い白さと強度を持つ、セラミック体を詰め物に使う治療方法です。ジルコニアと同様に安全性・審美性・強度性がよく、自然歯と変わりない噛み合わせのまま使えます。
  • ハイブリッドインレー
    (クラウン)
    合成樹脂であるレジンとセラミックを合成させた詰め物(被せ物)を使用します。セラミックに比べると安価に、歯の補修が行うことができ、身体への安全性もあり素材です。
  • メタルボンド
    歯の外側をセラミックで、内側に金属を使用した被せ物です。銀歯に比べると審美性の高さや歯垢の付きづらい特長があります。金属アレルギーの心配がなければ適応可能です。
  • ラミネートベニア
    付け爪のように、歯の表面にセラミック製の薄いチップを付ける治療法です。歯の表面をごく薄く削ったうえで歯冠を使うので、歯にかかる影響を抑えつつ天然歯のような見た目・機能性を持たせることができます。
  • ゴールドインレー(クラウン)
    金合金や白金加工金(プラチナ)を使用した詰め物(被せ物)です。銀歯に比べると二次的な虫歯リスクを抑え、金属が解けづらいためにアレルギーの心配が少ないメリットがあります。

insurance

保険治療

  • 硬質レジン前装冠
    歯の裏側は金属を、表側はレジンというプラスチック素材によって歯を補強します。
    銀歯のみを使った被せ物と比べると、より見た目を整えられる効果があります。
    (経年劣化や金属アレルギー反応が生じる可能性はあります)
  • CAD/CAMハイブリットセラミック(指定箇所あり)
    専用の3Dプリンターを用いた、プラスチックとセラミックを混合させた被せ物による治療法です。
    保険適応の条件はありますが、アレルギーに対応しており外観も整えられる治療法です。

    【適応条件】
    ・上下顎の第4・5歯
    ・上下顎の第6歯
     (全て第7歯がある場合に限る)

    また、金属アレルギーの方は以下の歯にも適応可能です。
    ・前歯
    ・上下顎の第7歯

当院は患者さまのご希望に応じて
治療計画をご提案いたします。
お気兼ねなくご相談ください。
tel.079-224-0222