LOSE TEETH

歯を失ってしまった方へ

歯を補う治療で残された歯を保ちましょう

神経までに達した虫歯や歯周病を原因に、歯を失うケースがあります。
歯を失うことで、歯が動いてしまったり残った歯に負荷がかかるリスクが生じかねません。
その場合、差し歯・入れ歯・インプラント等で、ほかの自然歯を保つために義歯を使う治療がありまず。
できるだけ歯の機能を残し、健康を守る取り組みを進めていきましょう。

自然歯を一本でも失うリスクとは

自然歯が一本でも欠けると、アーチ状に並んだ歯並びが崩れやすくなります。噛んだり話したりする歯の機能が落ち、歯が移動したり抜けやすくなるリスクが大きくなります。

すこしでも歯への負荷を減らすために噛む回数や話すことを遠慮してしまうなど、心理的にもブレーキが掛かるような状態になり、日常生活においてストレスがかかる可能性もあります。

日常生活を快適に過ごすためにも、義歯を使いながら歯を守る治療が求められます。

HOW TO

治療方法について

歯を補う治療には、大まかにインプラント/差し歯/入れ歯などの治療法がございます。


  • 歯を数本失った場合:
    インプラント(自由診療)
    人工の歯根と義歯を使って歯を補う治療です。検査や手術など治療期間がかかる傾向がありますが、自然歯に近い感覚で噛んだり話したりでき、メンテナンスによって長期にわたって使い続けることもできます。
  • 歯を数本失った場合:
    差し歯(ブリッジ)
    金属製のバネがついた義歯で、残された歯の間に付けて使用します。保険使用によって短い期間で治療可能ですが、審美性や着用時の違和感が残る場合があります。
  • 多くの歯を失った場合:
    インプラント入れ歯
    入れ歯はインプラントでも製作が可能です。義歯に比べてより手術や保定に時間がかかりますが、総入れ歯よりもズレを少なく抑え、より自然歯に近い安定感があります。
  • 多くの歯を失った場合:
    総入れ歯
    個人の顎型にあわせ、歯ぐき全体に装着する入れ歯です。保険治療によって短期間で作製できますが、装着感や噛む際に違和感がある可能性があります。当院では患者様の骨格や顎の状態に応じた入れ歯をお作りします。
当院では保険診療/自由診療にかかわらず、患者様のご要望に応じた
最適な義歯治療を進めます。残された歯を守る取り組みを、
当院といっしょに進めていきましょう。お気兼ねなくご相談ください。
tel.079-224-0222